Syogeki

日本のエンタメ業界とギャンブル

日本のエンタメ業界とギャンブル

オンラインルーレットは平均RTPが高いインターカジノでプレイするのがおすすめ!

アーケードゲームオンラインカジノ、eスポーツなどをはじめとする日本のゲーム業界をあなどってはいけません。この分野でいくつものプロジェクトに関わってきた私たちの目から見て、国内のゲーム業界には多くの可能性があると思います。特に、国内ゲーム市場で成長していくうえで、消費者の好みや願望を考慮できる企業には大きな可能性があります。

日本のゲーム業界は様々な市場に分かれています。国内のパチンコ産業は1,900億ドル規模であり、英国やドイツといったカジノビジネスの主要市場を上回っています。しかしながら、日本のオンラインカジノ市場に勢いが出始めたのはつい最近のことであり、Vera & John(ヴェラ・アンド・ジョン)などが同市場をリードしています。また、各フランチャイズもこの市場に進出し始めています。

日本では統合型リゾートの導入が1990年代から期待されてきましたが、ようやく最近になって法案が可決しました。実店舗カジノの建設によって業界に大幅な改善が見られると予想しています。

他にも、2019年に日本に進出したライブストリーミングサイトのTwitchなど、複数のゲーム関連産業が存在します。任天堂とセガに代表されるように、日本の消費者はゲームに対する独自のこだわりがあり、もしそれに応えることができれば長期的なロイヤルティを獲得できます。難しいのは、自分たちのターゲットとなるオーディエンスを定め、プレイヤーのニーズに合わせたメッセージやコンテンツの発信を行うことです。

ギャンブルの王様パチンコ

パチンコは日本のゲーム産業のトップに君臨しています。最近では緩やかに人気が低下していますが、それでも2018年の時点で1,900億ドルの収益がありました。宝くじや競馬をはじめとする公営競技を除いても、日本のパチンコ産業は英国のゲーム産業全体の10倍の規模があります。

ギャンブルの王様パチンコ

パチンコは、実質的にはギャンブルです。しかし社会の中で無下に扱われている人々の多くを客層に持つ事業として、黙認されている傾向にあります。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の危機に際しても、常連客はパチンコ店に強い気持ちを募らせていることは、店の外にできた長蛇の列を見ればわかります(危険ですし、現実的でもありませんが)。

統合型リゾートの実現は迫っていますが、仮にカジノが合法化されていなかったとしても、変わらず日本のゲーム産業は、当然オンラインも含めて、今後も大きく発展していくだろうということは私たちの間で共通認識となっています。

日本のオンラインカジノ

そこから、日本のオンラインカジノ産業は飽和状態には程遠いという結論が導き出されます。今後、この業界を導くことのできる外国企業の新鮮な息吹により、国内オンラインカジノ産業は利益を得ることができるようになるでしょう。これは、宝くじがオンラインでも購入可能になったのが2018年であることを考えると、特に信憑性が高いと考えられます。

東京エスクがこのビジネスに興味を示して以来、市場はゆっくりとしかし確実に新規参入者に対する門戸を開き始めており、収益増加と業界の活性化の手段としてのグローバル化が促進されています。また、日本の平均的な消費者は、コミュニケーションが自分たちの琴線に触れ、自分たちのニーズに深い理解を示してくれるのであれば参加してみたいと興味を持っていることも分かってきました。

これは、広告主や成長企業のリーダーたちにとっては率直すぎる意見に思えるかもしれませんが、自分の社会から逃げていては、さらに上へ行くことは困難です。日本はまだまだこれからです。これまで国内ギャンブル産業は、一切外国の影響を受けず、独自の世界を築けるという幸運がありました。

結果的に、日本人的思考を有していなければ、同業界の大半において競争していくことは不可能となっています。 

Leave a Reply

Your email address will not be published.